ワンダはいかが?マレーシア航空搭乗記録(ペナン→クアラルンプール)

  • 投稿日:
  • 更新日:2018/11/24
  • by
  • カテゴリ:

楽しいペナンでのホリデーもあっという間に終わり。

日本に帰る日がやってきました。

DSC_1707.jpgクアラルンプール経由で日本に向けて飛びます。

ペナン空港

ペナン空港を出発したのは朝でした。

宿泊していたバトゥフェリンギから空港までUberで約1時間、朝の割り増しで13.5ドル(USD)くらいでした。

DSC_1694.jpg朝から結構人がいます。

DSC_1701.jpg空港の売店で「ワンダ」を売ってました。

なんで?

機内

最前方から搭乗すると、ビジネスクラスの横を通って自席に向かいます。

P1190195.jpgビジネスクラスのシート。横2列席で、席の間には小さなテーブルがあります。

枕などのアメニティも準備されています。

P1190197.jpgビジネスクラスは足元もかなり広く取られています。

1時間のフライトだもん、悔しくなんかないんだからね! (負け惜しみ)。

P1190201.jpg

こちらはエコノミークラス。

ビジネスクラスに比べて、やはり詰め込まれている印象がある?

P1190199.jpg

機材は来る時と同じボーイング737-800、個人モニターがあったり充電用USBポートがあったりするのも同じです。

機内設備が比較的豪華です。LCCとの差別化でしょうか。

P1190207.jpgこちらはANAで使われているものと同じリモコン。

P1190206.jpg裏側はキーボードとゲームコントローラになっています。

P1190204.jpgイヤホンジャックはひじかけ前方。穴だらけでどれに入れれば良いのか迷います。

P1190200.jpg

天井にはリーディングライト、エアコンの送風口、アテンダントコールなどがあります。

アテンダントコールのボタンはリモコンにもついています。

P1190205.jpg

機内サービスはオレンジジュースとピーナッツ、これも来る時と同じでした。

P1190209.jpg窓からはウィングレットが見えました。

およそ1時間の飛行でクアラルンプールに到着、日本に向けトランジットです。

こちらもよく読まれています