安くても高機能なドライヤー購入記

  • 投稿日:
  • 更新日:2016/12/10
  • by
  • カテゴリ:

10年以上使ったドライヤーがだいぶおかしくなってきたので、久しぶりに新しいものを買いました。

とりあえず、乾けばいいやという気持ちで使っていたので、何でも安いものでいいやと考えて商品を選び始めたのですが、最終的に購入して使ってみて、その考えが浅はかなことに気づかされるのでした。

まず、安物にありがちなただ熱いだけのドライヤーでは、髪を痛めるだけだということがわかりました。まさにいまの我が家。

比べてみる

そこで、ある程度きちんとしたもので、高くないものを比較することにしました。調べてみると、パナソニックのものがメジャーで、かつ価格も安いので、モデルを比較してみることにしました。

パナソニックのドライヤーはモデルがたくさんありますが、整理すると非常にシンプルです。

まず、高額(1万円以上)する「ナノケア」シリーズと、普及価格帯(1,000円〜6,000円程度)の「イオニティ」シリーズに分かれます。ドライヤーに1万円以上も払う気はないので最初から無視して、イオニティシリーズを中心に見てみます。

モデル名

写真

消費電力

風力

カラー

備考

価格

EH-5101P

1200W

1.1m3

ピンク

2008年発売モデル

1,200円程度

EH-5306P

1200W

1.1m3

シルバー

2008年発売モデル

3,500円程度

EH-NE18

1200W

1.3m3

ホワイト ピンク

1,900円程度

EH-NE28

1200W

1.3m3

ピンク ゴールド グレー

速乾ノズルあり

2,500円程度

EH-NE38

1200W

1.6m3

ピンク ブルー

2,600円程度

EH-NE48

1200W

1.6m3

ピンク ピンクゴールド ホワイト

速乾ノズルあり

3,200円程度

EH-NE58

1200W

1.9m3

ピンク ゴールド

速乾ノズルあり

3,800円程度

EH-NE68

1200W

1.9m3

ペールピンク シルバー

温冷ツインフロー、イオンチャージ

5,600円程度

EH-NEシリーズは2016年発売で、EH-5101PとEH-5306Pは2008年発売のモデルです。ドライヤーがそんなに進化するとは思えないのでどちらを買っても問題ないとは思いますが、値段帯があまり変わらないため、バリエーションが豊富な新しいほうから選びました。

最終的に選んだのはEH-NE48です。

開封

届いたパッケージはこんなの。

ionity-1.jpg早速開封しましょう。

ionity-2.jpg

ぱかっ

箱を開けると、中に入っているのはドライヤー本体と保証書のみ。

ionity-3.jpgいたってシンプルな中身

このドライヤーですが、前のドライヤーよりも風量が少なくなった気がします。また、比較すると音も大変静かです。

以前使っていたものが小型のトラベルタイプだったので、大型化した分モーターなどに余裕があるのでしょう。

前のドライヤーと大きさを比べてみます。

ionity-4.jpg今回買ったドライヤー(上)と前のドライヤー(下)

大きさ(吹き出し口から背面まで)を比べると、前のものが約13cmなのに対し、今回のものが約19cm。おおよそ1.5倍程度に大型化しています。

DSC_4815.jpg

本体前面

本体の前面にノズルのアタッチメントがありますが、EH-NE48に付いているのは「速乾ノズル」です。ノズルの中心部に灰色の部品が付いているところがありますが、これが通常のノズルとの違いのようです。これが付いているだけで同じ風量のEH-NE38との実勢価格600円の違いは高い気がしますが、使ってみてそうでもないことがわかりました。

実によく乾く

このドライヤーは音があまりうるさくないだけでなく、熱もあまり熱くありません。以前のドライヤーは、使っていると風を当てているところだけやたら熱くなったのですが、このドライヤーはそうなりません。では乾かないのかというと、不思議と乾くのです。

ionity-5.jpg速乾ノズルの仕組み(出典: panasonic.jp)

パナソニックのページには以下のように書いてあります。

縦型の強風と弱風がぬれた毛束をほぐしながら、乾きにくい長い髪や多い髪も、スピーディーに乾燥。

簡単な構造に見えますが、意外にもこれが効くようで、ただ風を出すよりも随分と早く乾くようです。

熱すぎず早く乾くので、髪も痛まずに済みます。パナソニックお得意のマイナスイオン機能も搭載しています。ドライヤーのマイナスイオン機能もすっかり定着しましたが、こちらにもあるように、このような付加機能についてはやはり大手の製品が安心です。

実は、この価格帯でこれだけのドライヤーが買えるとは知りませんでした。知っていれば早く買えばよかった! 10年以上前の古いドライヤーを使っている方は是非お試しください(店頭で濡れた髪を乾かすのは難しいですが...)。きっとご自宅のドライヤーとの違いに驚くはずです。