ドウシシャの薄型扇風機

  • 投稿日:
  • 更新日:2020/07/25
  • by
  • カテゴリ:

暑いコロナの夏、いかがお過ごしですか。

我が家では扇風機兼サーキュレータとして、話題の薄型扇風機を導入してみました。

型番はFLU-254D、PIELIA(ピエリア)という愛称がついています。

薄い!

今回買ったのはドウシシャの薄型扇風機。

DSC_9306.jpg箱も薄っぺらい。

DSC_9312.jpg普通の扇風機らしからぬ形状。

一瞬家庭用ではなく店舗用?とか思ってしまいます。

DSC_9313.jpg折りたたむとこのくらい。たった7cmしかありません!

下の方を見ると、足の折れる向きまで薄さに配慮。

DSC_9467.jpgケーブリングも便利。

ちょっと見にくいですが、電源ケーブルは本来右下のところに差し込み口があります。パイプの中を電源が通っているので邪魔になりません。

また、電源ケーブルをパイプの下のところから通せるよう、小さな足がついています。

羽の数は最近人気の7枚羽。風量も十分です。羽の直径は24cmくらい。

DSC_9316.jpg普通に置いてみた。この状態での高さは46cm。

うちの場合白を買いましたが、黒もあります。

DSC_9321.jpg回転面を起こすとこのくらい。高さは79cmほどになります。

DSC_9322.jpg横から見るとこんな感じ。

DSC_9469.jpg回転面はどの角度でも止まるので、このように真上に向けて送風することも可能。

なお、回転面は逆向きには曲がりません。上の写真では足に対して右側にファンがあり上向きに送風しますが、この状態で足に対して左側に180度倒すことはできません。少し左下を向くくらいのところまでは曲げることができます。

DSC_9325.jpg操作ボタンですが両面についています。片側は外れるようになっています。

風量、タイマー、首振りなど調節できます。首振りは25, 50, 75度の3段階。首振りの中心位置は手で調節します。

DSC_9323.jpg外すとリモコンとして使えます。

DSC_9326.jpgACアダプターで動作します。

DCモーターですので非常に動作音は静かです。わずかな風切り音以外は聞こえません。

かなりビックリする形状で、最初はどんなキワモノかと思いましたが、実際使ってみると扇風機って別に丸い台座の上に乗ってなくてもいいじゃん。

使うときだけ広げて使わないときはたたむ。とにかくたたんだ時の収納性が良く、狭い我が家にぴったり。

こちらもよく読まれています