シドニー線プレミアムエコノミー詳説!(羽田〜シドニー)

  • 投稿日:
  • 更新日:2019/08/03
  • by
  • カテゴリ:

今回、ANAで初めてオーストラリアに行きました。

長らくANAはオーストラリア大陸には上陸していなかったのですが、2015年12月11日より羽田〜シドニー線が開設しました。

2019年9月1日からはオーストラリア2路線目として、成田〜パース線も就航します。

最近ANAは勢いがありますね。

今回はプレミアムエコノミーで行くシドニーです。

P1210164.jpg夜の羽田空港国際線

これが787プレミアムエコノミーの座席!

ANAのシドニー線、機材はボーイング787です。

P1210170.jpgプレミアムエコノミーの最前列座席。これより前はビジネスクラスです。

座席配列は2-3-2で7アブレストとなります。

P1210171.jpg2列目=最後列目。

ボーイング787のプレミアムエコノミーは横7席x縦2席=14席しかありません。

なかなか貴重です。

P1210172.jpgプレミアムエコノミーの区画から後方を見たところ。エコノミーがずらっと並んでいます。

奥に見える壁の向こうもエコノミーの区画です。

ここまでの写真から分かるように、787のプレミアムを含むエコノミークラスの区画では、トイレが後方にしかありません。

シートマップを見てもそうなっています。

P1210174.jpg窓側の2x2の座席。

エコノミーと違い、座席の間が少し広くなっており、小さなテーブルが備え付けられています。

また、手元用のライトが付いています。

P1210175.jpg後方の座席は、リクライニングしても誰にも迷惑をかけないのが嬉しい。

P1210178.jpg足元の様子。

今回はこの後方の通路側に座りました。座席番号で16Hです。

最前列でないとフットレストが使えるのがメリットです。

最前列は広いのですが、フットレストがないのが意外と困ります。

P1210181.jpgスリッパがもらえます。

ラウンジのシャワー室のスリッパとは比較にならないくらい良いです。

P1210182.jpgヘッドフォンはバッテリー内蔵のノイズキャンセリング。

オンイヤータイプなので、長時間装着していると私は耳が痛くなります。

P1210189.jpg前菜 ポテトサラダ、エビ、スモークサーモンのマリネ、ディル、刻み柚子
小鉢 中巻き、枝豆、金平牛蒡
サラダ ミックスリーフ、イタリアンドレッシング
メイン 根菜入りチキンハンバーグ
ブレッド、バター
おつまみ、クラッカー、クリームチーズ、ミネラルウォーター
(Total 994kcal)

食事です。なかなかのボリューム。

P1210190.jpgプレミアムエコノミー向けのスパークリングワイン「ヴーヴ・オリヴィエ」

ヴーヴ・オリヴィエ・スパークリング(白 辛口 発泡)  [白ワイン][白 辛口 発泡]【7787028】

価格:2,462円
(2019/5/1 17:46時点)
感想(0件)

意外と良い感じのものだったりします。

P1210193.jpg2食目は軽食でした。

シドニー便のNH879は9時間半程度の飛行時間なので、2食目はフルミールを出す時間はないようです。

P1210194.jpg

中身は、サンドイッチとフルーツ、ヨーグルト、チョコレートでした。

P1210195.jpgシドニーで乗り換えが必要なのですが、そのことがアテンダントさんに伝わっていたらしく、ファーストトラックのカードをいただきました。

しかし、ある理由から、このカードを使うことはなかったのです...。続く。

こちらもよく読まれています