AVRに関するブログ記事

AVR-SD拡張回路(改良後)

  • 投稿日:
  • 更新日:2015/03/08
  • by Taka Matsutsuka
  • カテゴリ: ,
ラッチを使ってZ80との入出力ができることがわかったので、修正した回路図です。 Webページに収まるようになるべく小さく描いたので見にくいのはご勘弁。 ...

とりあえず動作

  • 投稿日:
  • 更新日:2008/12/22
  • by Taka Matsutsuka
  • カテゴリ: ,
とりあえず、前回のテストは期待通りの動作をさせることができました。 原因はあちらこちらの断線でした。 UEWを使っていて、しょっちゅう回路を変更するものだから、そのたびに線をいじったりしているうちに断線してしまっているのでした。 直しては他の箇所が断線するいたちごっこ状態。 こんなんじゃ先が思いや...

ラッチを入れてみる

  • 投稿日:
  • 更新日:2008/12/21
  • by Taka Matsutsuka
  • カテゴリ: ,
I/O回路の要求には高速応答性が必要で、到底AVRの割り込み反応時間では間に合わないことがわかったので、バッファを入れる実験をしました。 例により、簡略化した回路です。 手持ちのラッチがLS373しかなかったので、電圧が混在しています。 プログラムのほうは、なんかoutしたら、そのタイミングでデー...

AVRの割り込み反応時間

  • 投稿日:
  • 更新日:2008/12/14
  • by Taka Matsutsuka
  • カテゴリ: , ,
Z80からのI/O信号に対し、どのくらいでAVRによる割り込み反応が得られるのかを調査してみました。 回路は前回作ったものを使います。 PC-6001側からI/O命令を発行し、AVRの外部割込み入力をトリガにして反応を調べます。 まずは、主な信号線の様子。 ここで、INT0が活性化されている時間(...

I/OによるZ80-AVRの通信テスト

  • 投稿日:
  • 更新日:2015/03/09
  • by Taka Matsutsuka
  • カテゴリ: , ,
レトロパソコンのインテリジェントな周辺機器を作るのに 大きな間違いに気づいてショックな今日この頃。 デコーダ・バッファは8255が入手困難な現在、手持ちのCPLD(Xilinx XC9536XL)があるのでそれでやってみようと思うのですが、困ったことにライタがありません。 ライタを作ろうにも、そのた...

I/O拡張回路の難しさ

  • 投稿日:
  • 更新日:2008/12/13
  • by Taka Matsutsuka
  • カテゴリ: , ,
以前設計した回路には、重大な盲点がありました。 2点あります。 割り込み要求線に^RD/^WRを入れておかないと、おかしなタイミングで割り込み要求がかかる Z80からのI/O要求に対する応答が間に合わない 割り込み要求線 以前の設計では、割り込み要求は次のようにしていました。 IORQの確定とRD...

AVR実験プラットフォーム

  • 投稿日:
  • 更新日:2008/11/23
  • by Taka Matsutsuka
  • カテゴリ:
遅々として進んでない(汗)AVR関連作業ですが、とりあえず現状の実験環境はこんな感じです。 写真の左側から、シリアルケーブル、9pin DSUBを0.1inchピッチに変換する基板(緑色)、COM-ISP変換(ユニバーサルボード)、そして実験用のブレッドボードです。 DSUB変換基板とCOM-...

AVRメモ

  • 投稿日:
  • 更新日:2008/11/23
  • by Taka Matsutsuka
  • カテゴリ:
AVRの実デバイスを使った実験を始めたので、メモ。 なお、ATmega8/AVR Studio 4.14/WinAVR 20080610を使っています。 リセットポートを使う場合の注意 リセットポートに値を出力設定しないように注意。 たとえば、mega8の場合、PC6(RESETを兼ねる)の値を出...