[平成29年度確定申告]医療費明細・セルフメディケーションの入力方法

  • 投稿日:
  • 更新日:2018/01/20
  • by
  • カテゴリ: ,

確定申告の時期です。

  • ビットコインや好調な株価に支えられて、副収入にトライした方
  • 不動産収入などがある方
  • マイホームのローンがある方
  • 医療費控除やセルフメディケーション税制の適用がある方
  • ふるさと納税がある方で、ワンストップ特例を使わない方

いずれも確定申告が必要です。

nurse.jpg

今回は医療費控除やセルフメディケーションに関してご紹介します。

医療費か、セルフメディケーションか、それが問題だ

セルフメディケーションは、健康診断、インフルエンザの予防接種など、自身の健康増進、疾病予防のために取り組んだ費用を所得控除できる仕組みです。

医療費控除とセルフメディケーションはどちらか片方しか選べませんので、注意深く選択する必要があります。

  • 医療費控除は、支払額が年間10万円を超えた部分のみ控除対象
  • セルフメディケーションは、支払額が年間12,000円を超えた分、10万円まで(=控除額88,000円まで)が控除対象

となりますので、大雑把に言えば、あまり医者にかからない方はセルフメディケーション、結構かかってしまう方は医療費控除、という感じでしょうか。

私の場合、平成29年は入院など大きな医療費がかかってしまったので、従来通りの医療費控除になりました。

e-Taxの場合

e-Taxはすでにオープンしています。税額の計算はこちらで自動でできるので、ずいぶん簡単になりました。

毎年少しづつ機能が変わっているe-Taxですが、平成29年度分については、医療費まわりで以下のような変更があります。

  • セルフメディケーション税制についての機能が加わりました。
  • 今回の申請から、医療費の領収書の提出が不要になった代わりに、医療費明細が必要となっています。

セルフメディケーション

セルフメディケーションを選択した場合、その取り組みが健康診断、予防接種、がん検診などのどのカテゴリに属するものか選択し、それにかかった費用を控除対象にします。

self_medication2.pngその際、上の画面にあるように「一定の取り組み」を証明する必要があります。証明と言われるとビビってしまいますが、実はそれほどすごいものではありません。

例えば、インフルエンザの予防接種をしたのであれば、領収書でokですし、健康診断や検診等あれば、領収書や診断結果の通知があればokです。詳しくは厚生労働省のWebページに記述がありますので参照ください。

明細については、Webからの入力になります。

self_medication1.pngセルフメディケーション明細の入力例

医療費に比べてそんなに件数が多くないという想定なのでしょう。面倒ですが1件づつ入力します。Webでは合計額のみ入力する、という選択肢もありますが、別途明細書を提出する必要があります。

医療費控除

医療費控除を行う際も、明細が必ず必要になりました。セルフメディケーション同様1件づつの入力もできますが、多数の医療費項目がある方はe-Taxから「医療費集計フォーム」をダウンロードできます。

ただ、このフォームが今回から大きく変わっています。これまでのフォーマットとは異なりますのでご注意を。

このフォーマット、正直入力しにくいです。

iryouhi_form_v3.png平成29年度のフォーム

日付を入力するところがないので、件数が多い場合に領収書との対応に混乱します。私の例では、しばらく通った病院の診療費がいつも同じ金額だったことがありますが、フォームに日付がないので、どこまで入力したかわからなくなってしまいます。

しかもフォームの変更(カラムの追加など)が一切できないようになっているのですね。

iryouhi_form_2016.png平成28年度までのフォーム

昨年までのフォームの方がその点はわかりやすいです。入れるところが多くて面倒ということはありますが。

もっと楽したい

医療費控除やセルフメディケーションだけでもずいぶん面倒なのですが、ここに不動産やら事業やら株やらいろいろ入ってくると、確定申告だけでずいぶん時間を取られてしまいますが、いちいち入力内容が間違ってないか確認するのがとても大変です。

そこで、自動会計ソフトが一つの選択肢になります。

私も使っているMFクラウド。MFクラウド会計・確定申告だと、マネーフォワードをすでに使っている方は、同じ設定情報を流用して、特定の口座だけ管理する、などという芸当もできます。青色申告の決算書類も確定申告所Bも自動作成でき、確定申告時の憂鬱な事務作業が軽減できます。

無料で試用できますし、今だとガイドブックももらえますよ。

こちらもよく読まれています