放置プレイの強さ!WealthNavi 9ヶ月目【実績紹介】

  • 投稿日:
  • 更新日:2017/11/29
  • by
  • カテゴリ: ,

2017年2月に30万円の資金で始めたWealthNaviですが、9ヶ月経ちました。

成績を見てみましょう。

kawamurayuka480.jpg

マーケット上昇の恩恵を受けて順調に

ここのところ日本も海外も全体的にマーケットは上昇していますので、当然その恩恵を受けています。成績はこちら。

20171105-JPY1.png円建てで+31,335円。投資して9が月で+10%の大台に乗りました。

もちろん値動きがあるものですので、このあと下がることも十分考えられますが、マイナスに落ち込んだりする心配はかなり薄くなったのではないでしょうか。

すべての資産クラスでプラスの損益となっています。

20171105-JPY2.pngグラフを見ると、これまで上昇・下降をクリかしながらも少しづつ値上がりしていましたが、9月くらいから順調に上昇基調です。

ドル建てでも+281.92ドルのプラスです。

目標金額に「達成する可能性」が71%になっているのも注目です。前回はここが70%でした。

放置プレイの強さ

投資にはいろいろな考え方がありますが、素人、ないしは忙しくてあまり調査に時間をかけられない人には、放置プレイできる投資は魅力です。

さらにいえば、その中でもドルコスト平均法、つまり一定額での積立てが向いているのではないかと思います。要は毎月機械的に積立する、ということで、それによりリスクの分散もできれば、短期の運用成績の上下で心理的に惑わされる(=それによりトータルの運用成績が下がる)という影響も防げます。

私の場合、Wealth Naviは積立ではないのでそういう効果はありません(もちろん積立設定は可能です)。しかし、短期的にはマイナスになっても放置を続けることで、結果的には(現時点では)だいぶ安定してプラスを維持できています。

実は、私はNISAの投信積立で一度失敗しています。価格が継続的に下がり始めるととても不安で、積立を一時的にやめてしまったのです。今から考えると、その時に継続して積立てておけば、そのときに価格が下がって安く買えたために、いまはもっと儲かっているはずでした。ネット証券は積立の設定などが簡単に行えるため、つい積立を停止してしまったのです。それでも全部損切りして売却しなかっただけマシですが。

つまり、積立設定→放置プレイの方が儲かっていた、ということです。いまはだいぶ相場が上がっていますが、これから上がるか下がるかは誰にもわかりませんし、そもそも積立投資額は一定なので、高いときは買う量も少なくて済みます。

Wealth Naviだと、売却が若干面倒(わざわざ口座開設しているので、売却するということは口座を閉じるということになる)なので、ちょっとやそっとのマイナスで売却しようとは私はなかなか思いません。結果的にはそれで持ち続けることになり、今の成績につながっています。

そんなWealth Naviですが、30万円ではなく10万円からのスタートが可能になりました!

ちょっと試してみたいのに、Wealth Naviは最初は100万円入れないと始められませんでした。それが、10万円で始められるのですから進歩したものです。

こちらから口座開設すると、今なら10万円からの運用開始が可能な上、手数料が半額キャッシュバックされるなど特典がありますよ。

こちらもよく読まれています