USB-Cで本当に使えるドッキングステーションはこれ!

  • 投稿日:
  • 更新日:2017/05/20
  • by
  • カテゴリ: ,

12インチMacBookは持ち運びには完璧ですが、据え置きでも使おうと思うとインタフェースの少なさがネックになります。

そこで欲しくなるのがドッキングステーションなのですが、Amazonにもいろいろ商品があって迷います。しかも、それぞれ微妙に機能が違う。

また、USB-Cが成熟していないせいか、動作もまちまちで買って使えるのか不安になります。

今回は、その中で一つ人柱になってみました。

買ったのは、StarTech.comのUSB-C Docking Station for Laptops - MST and Power Delivery 4Kという製品です。

IMG_2069.jpg箱はシンプル

StarTech.comはUSBのビデオ製品(USBからモニタにつなぐアダプタなど)を多数手がけており、USB-Cのラインナップも豊富なので、安定性にも期待できるのではないかと思い、選んでみました。

開封

箱を開けると、本体、ACアダプタ、USBケーブルが入っています。

IMG_2068.jpg本体

本体の大きさは210mm (幅 )x 28mm (高さ) x 90m (奥行き)。重量は133g。思ったより小型軽量です。

ただ、本体に比較してACアダプタが結構大きいです。

本体の材質はプラスチックで、まぁ特筆すべきものはありません。

IMG_2067.jpg電源ケーブル群

ACアダプタに繋ぐための電源ケーブルは各種揃っています。上の写真はそれぞれAタイプ(日本、アメリカ等)、Oタイプ(オーストラリア)、Cタイプ(ヨーロッパ)、BFタイプ(イギリス)です。

これで世界の果てまで行っても使えますね!

ポートたっぷり

ドッキングステーションなので、ポートの数は豊富です。

MST30C2DPPD.B.jpg本体のポート
出典: startech.com

本体前面のポートは以下の通りです。

  • 3.5mmオーディオジャック マイク用 1個
  • 3.5mmオーディオジャック ヘッドフォン用 1個
  • USB 3.0 (Aタイプ) 急速充電対応 1個

前面USBポートの急速充電用にCypressのCYUSB3328-88LTXCというチップが使われています。前面に急速充電対応のUSBポートがあるのは便利ですね。

本体背面のポートは以下の通りです。

  • AC IN
  • USB-C PC/Mac接続用 1個 (USB-PD対応)
  • USB-C 1個
  • DisplayPort 1個
  • HDMI 1個
  • Ethernetコネクタ(RJ-45) Gbit Ethernet対応 1個
  • USB 3.0 (Aタイプ) 2個

これだけポートがあればまず普段の使用に困らないでしょう。

DisplayPortとHDMIはどちらも4k解像度対応で同時使用が可能です。ただし、同時使用を行うにはPC/MacがMST (Multi Stream Transport)という規格に対応している必要があります。MacBookの場合、「MacBook Pro 15インチRetinaモデル, Late 2013以降」および「MacBook Pro 13インチRetinaモデル, Early 2015以降)がMSTをサポートしているのみなので、MacBook 12インチは残念ながら該当しません。これは本体の機能なので、他のドッキングステーションやアダプタを使っても同様となります。

インストール

ドッキングステーションをACアダプタにつなぎ、PC/Macとの間を付属のUSB-Cで接続すれば準備完了です。

有線Ethernt利用時はWindows, Macとも、利用時はドライバをインストールします。

他に必要な作業はありません。基本的にPlug & Playで使えます。

使用感

すでに3ヶ月くらい使っているのですが、使用感は安定そのものです。

当然ながら、MacBook本体を充電しながらUSBやモニタ出力が使えます。

モニタ出力は4k解像度までサポートしていますが、私は今のところ4kモニタを持っていないので、2.5k (2,560 x 1,440)のモニタで使用しています。HDMIでもDisplayPortでも問題なく動きます。

外出するときはケーブルを1本外してMacを身軽に持って行き、帰ってきたらケーブルを1本挿せば全ての周辺機器が使えるようになります。

MacBook 12インチはポートがUSB-Cのみ、1個のみということが批判されることが多いのですが、このような使い方になると逆に「なんでそんなに本体にポートが必要?」と思えてきてしまいます。ビデオ出力も電源も伝送できるUSB-Cならではです。

少し前からAmazonでは、マーケットプレイスではなくAmazon自身による販売も始まっています。ということで、かなり信頼できる製品ではないでしょうか。

こちらもよく読まれています