乗り続るとインボラ勝率はこうなる

  • 投稿日:
  • 更新日:2017/04/12
  • by
  • カテゴリ:

私は赴任の関係でしばらく飛行機での移動が多かったのですが、おかげさまでアップグレードも随分と経験させてもらいました。

そこで、今回はこれまでの搭乗におけるアップグレードおよびインボラの成績を公開します。

成績は...??

対象となる搭乗は、2008年から2016年の9年間、ANAの国際長距離線(プレミアムエコノミーの設定がある路線)のみを対象にしました。

各チケットの搭乗クラス(チケット購入時のクラスに関わらず実際に搭乗したクラス)と、アップグレードやインボラだった場合の内数を記載しています。

エコノミーの回数は?

まずはエコノミークラスの搭乗回数を見てみます。

ana-economy-seat.jpg出典: ana.co.jp

搭乗回数: 9回

エコノミーは9回搭乗しています。ベースのクラスなので、アップグレードもインボラもありませんね。

プレミアムエコノミーの回数は?

次にプレミアムエコノミーの搭乗回数です。

ana-premium-economy-seat.jpg

出典: ana.co.jp

搭乗回数: 18回

うちアップグレード回数: 8回

アップグレード成功率: 約47%

プレミアムエコノミーは18回搭乗していて、そのうち8回はエコノミークラスから座席クラスのアップグレードサービスを使ってアップグレードしています。

これはインボラとは言いませんが、アップグレード率は 8 / (8 + 9) = 約47%、だいたい2回に1回はアップグレードに成功していることになります。

ビジネスクラスの回数は?

次にビジネスクラスの搭乗回数を見てみましょう。

ana-business-seat.jpg

出典: ana.co.jp

搭乗回数: 66回

うちアップグレード回数: 16回、インボラ回数: 12回

インボラ率: 約31%

全部で65回搭乗しています。そのうちマイルやアップグレードポイントによるアップグレードも16回しており、インボランタリーアップグレードの恩恵も11回受けています。

エコノミー、プレミアムエコノミーの搭乗回数が合計で27回あるので、インボラ率は 12 / (12 + 27) = 約31%、10回に3回程度のインボラ率、ということになります。

ファーストクラスの回数は?

最後にファーストクラスの搭乗回数です。

ana-first-seat.jpg

出典: ana.co.jp

搭乗回数: 4回

うちアップグレード回数: 3回、インボラ回数: 1回

インボラ率: 約2.6%

さすがにファーストクラスを正規に支払って乗ったことはありません。すべてアップグレードしたものですが、そのなかでインボラも1回あります。

ビジネスクラスの有償搭乗回数から計算すると、インボラ率は 1 / (65 - 16 -11) = 約2.6%です。さすがに少ないですね。

参考記事: インボラ!ANAファーストクラス搭乗記録

ステータスとの関連は?

各年のANAマイレージクラブのステータスは以下の通りです。

  • 無印およびブロンズ→0.5年 (一気にプラチナに駆け上がったため)
  • プラチナ→2年
  • ダイヤモンド→4.5年
  • スーパーフライヤーズ→2年

上記の搭乗の大部分の期間はプラチナかダイヤモンドのステータスであり、アップグレードに関して優先されやすい状況にありました。

もっとも、経験ではステータスがアップグレードに及ぼす影響はそれほど高くないというのが実感です。詳しくは以下をどうぞ。

参考記事: インボラを狙うならこう乗れ!

こちらもよく読まれています