ジャンボなSサイズとは一体どのくらいの大きさなのか

  • 投稿日:
  • 更新日:2017/01/04
  • by
  • カテゴリ:

たまに大きな傷を作るので、常備している絆創膏がこれ。

DSC_4846.jpgジャンボS

「ジャンボ」で「S」ですと?!

ジャンボといえばジャンボジェット、大きいことの代名詞ですが、その割にはSサイズ。

この大きいんだか小さいんだかわからない絆創膏、実際はどのくらいか測ってみました。

どのくらいジャンボでどのくらいSか

まずはパッケージ。

DSC_4847.jpg

個包装

おおよそ9cm四方です。この写真だと"BAND-AID"と2個書いてあって2つ入っているように見えますが、実際には一つです。ちなみに大きくてちょっと開けにくいです。

DSC_4848.jpg本体の大きさ(横)

定規を当ててみました。横幅はだいたい7cm、傷にあたるパッド部分が5cm弱です。

DSC_4849.jpg本体の大きさ(縦)

縦は5cm強、傷のパッドがだいたい3.5cm程度です。

これだけあると、転んで擦り傷を作ったなど、広範囲に広がりがちな相当の大きさの怪我でもカバーできます。

ジャンボシリーズについて

バンドエイドのジャンボサイズには、さらに「ジャンボL」「ジャンボLL」もあります。こちらの方がいかにも大きそうな名前ですね。ラインナップは以下のようになっています。

種類 枚数 価格
ジャンボS 10枚 350円程度
ジャンボL 7枚 450円程度(快適プラス)
ジャンボLL 5枚 450円程度(快適プラス)

ジャンボL以上のサイズは伸縮素材を使った「快適プラス」シリーズになります。残念ながら「ジャンボS」に「快適プラス」はありません。

でも、実用上は「ジャンボS」が一番使いやすいです。

先日も膝の怪我に使っていましたが、「快適プラス」でなくても伸縮性を始め特に気になりません。そのまま入浴してもはがれませんし。

そんなわけで我が家はジャンボSが定番です。