2万円お得!ルンバのダストボックスを水洗いする!

我が家のルンバ、毎日の掃除に大活躍です。

Roomba 780

これが我が家のモデルはRoomba 780。

しかし、だいぶ汚れてきましたので、年末の大掃除の際にルンバ君もお掃除してあげることにしました。

清掃の内容は主に部品の交換です。ブラシ類(メインブラシ、フレキシブルブラシ、エッジブラシ)と交換フィルタについては消耗品なので交換すれば終わりです。

問題はダストボックスです。ダストボックスはただのプラスチックの箱ではなく、中にモータの入った電子部品なので、水洗いができません。

しかし、メーカー対応での交換は修理対応となりどうやら2万円、Amazonで扱っている並行輸入のパーツは8,380円もします(執筆時点)。高い!

いきなり警告!

ダストボックスを是非きれいにしたい! と思うのですが、そこに...。

dustbox.jpg警告表示

ダストボックスには「絶対に水洗いしないでください」と書いてあります。

しかしそんなことで怯んでいては2万円は節約できません。

ダストボックスをバラす!

とはいえ、ダストボックスをいきなり水につけたら壊れるのは目に見えているので、可能な限り分解することにします。

準備する工具はプラスドライバーです。また、作業中ネジがたくさん出てくるので、それらをなくさないように置いておく場所を決め、外した順番に置いていきましょう。私はネジを外した順番に紙の上に置いて外したネジをセロテープで止めていきました。

DSC_5381.jpg

うわっ...私のルンバ、汚すぎ...?

まず、本体を裏返します。汚れるので、新聞紙を敷いています。

DSC_5383.jpg

エッジクリーニングブラシを外す

まず、エッジブラシ(エッジクリーニングブラシ)を外します。ネジ1本で止まっています。

DSC_5384.jpg

でろーん

ネジを外すとエッジクリーニングブラシが外れます。一緒に髪の毛と綿ぼこりがいっぱいついてきます。きたなーい。

DSC_5385.jpg

問題のダストボックス

ダストボックスを外します。中のゴミは捨てておきましょう。

DSC_5386.jpg

フィルタを外す

黄色いフィルタを外します。新しいものに交換するので、このフィルタは捨ててしまいます。

DSC_5387.jpg

分解開始!

透明な面を上にして、周囲に6本のネジがあるので外します。たくさんあるので電動ドライバーで外していきたいところなのですが、ネジの頭が深いところにあって、私の電動ドライバーでは届きませんでした。

DSC_5388.jpg

まずは軽く3枚おろし

透明のカバーを外すと一緒に黒いドア状の蓋も外れます。

この状態で透明のカバー(写真上方)と黒いドア状の蓋(写真下方)を水洗いできますが、この程度では分解はまだ序の口です。

DSC_5389.jpg

本格解剖へ

本体部分手前にある2本のネジを外します。

DSC_5396.jpg

なんか外れた

こうなります。これで写真にある下側の部品(四角い穴が二つあるもの)は水洗いできます。

DSC_5397.jpg

ねじねじ

真ん中の丸いファンのようなものを囲むように4本のネジが入っているので、外します。

上2本と下2本で形状が違うので、戻すときに注意してください。上のネジは長く、下のネジは短いです。

DSC_5398.jpg

ぱかっ

こうなります。上の写真で左側の部品は水洗いできます。

これでこの面は終わり。ダストボックス本体(上の写真で右側の部品)をひっくり返します。

DSC_5390.jpg

裏側

ひっくり返したら、上の写真の赤い部分のネジ5本を外します。

DSC_5394.jpg

バラバラ

こうなります。写真の下側の蓋とY字型の部品は水洗いできます。金属ばねとモーター(上の本体についている黄色い部分)の上にある白い緩衝材をなくさないようにしましょう。

ダストボックスはこれ以上分解できないので、あとは拭き掃除をしておきます。

本体のブラシを交換

ダストボックスのパーツを水洗いして乾かしている間に、本体のメンテナンスをします。

DSC_5399.jpg

ぱか

ブラシの蓋を開けて、メインブラシをフレキシブルブラシを取り出します。

写真で赤枠で囲っている部分にあるネジを緩めます。上方の2個は電池カバーの蓋でもあります。

DSC_5400.jpg

本体のカバーを外す

ネジは簡単にははずれないようになっている(紛失防止でしょうか)ので、緩めたら本体全体のカバーを写真のように上方に持ち上げて外します。

外したカバーは水洗いできます。

ついでに電池も外しておきます。

DSC_5401.jpg

ブラシのケースを外す

上の写真で赤枠部分のネジを緩めます。このネジも外れないようになっています。

DSC_5402.jpg

ブラシのケース

こうなります。このケースは電気が通るところがあるので洗えません。

常にブラシが回っているところなので、ここはあまり綺麗にはなりませんでした。

DSC_5404.jpg

内臓がなくなってすっきり?!

これで今日の分解は終わり。お掃除をしておきましょう。

掃除後

洗えるパーツを水洗いして乾燥後、分解とは逆順で組み立てます。

DSC_5405.jpg

新品同様?!

フィルタも新しいものに交換しています。

DSC_5408.jpg

見よこの勇姿!

メインブラシ、フレキシブルブラシ、エッジブラシも新しいものを入れました。

部品について

なお、あらかじめブラシ類や交換フィルタを用意しておきましょう。本体付属のものがない場合は買っておきます。

でも結構高いですよね。私はブラシ類(メインブラシ、フレキシブルブラシ、エッジブラシ)とフィルタは高い純正品ではなく互換品を使っています。これら互換品なら安いですし、気兼ねなく変えられます。ちなみに使っているのは下のものです。

ずいぶん安いですが、所詮消耗品。私の場合はこれで特に不具合もありません。

工程全体で2時間くらいかかります(乾燥の時間も入れて)が、綺麗になりますよ。いつも働いているルンバ君をたまにはきれいにしてあげたらいかがでしょう?

こちらもよく読まれています