ジュニアスイートで!赤ちゃんと東地中海クルーズ乗船記(部屋編)

  • 投稿日:
  • 更新日:2016/11/14
  • by
  • カテゴリ: ,

部屋編 船内編 乗船編 シチリア SeaDay アテネ トルコ クレタ島 SeaDay2 ローマ

Royal Caribbeanでクルーズに行こう

少し前の話ですが、地中海にクルーズに行ったので、その様子をご紹介します。

P1080539.JPG乗った船、Navigator of the Seas。まるで高層ビル

クルーズとは

クルーズはヨーロッパでは一般的なホリデーの過ごし方の一つで、様々な会社が地中海、バルト海、カナリア諸島などを運行しています。

期間は一週間(7泊8日)が一般的ですが、もっと短いテイスタークルーズや、数ヶ月~1年に及ぶ長期クルーズもあります。ある場所を出て海を周回して戻ってくるタイプと、一方通行で乗る場所と降りる場所が異なるタイプがあります。

基本的に運行会社の違いがグレードの違いになり、同じ会社の船ならどの部屋に泊まってもサービスはあまり変わりません。同じ船における値段の差はほとんどすべて部屋の差のみです。もちろんキューナードやMSCのヨットクラブなど例外はあります。

値段は最安の場合で一人一泊100ポンドまたは100ドル程度から。この値段だと"inside"といって窓のない内側の部屋になるでしょうが、どの部屋に泊まってもすべての行程の食事は込みですので、最悪食いはぐれることはありません。また船の中は様々なエンターテイメントがありますので、「部屋は寝るだけ」と割り切ればかなりお得です。

予約と旅程

このときはクルーズは初めてだったので、旅行代理店にクルーズとフライトの手配をお願いしましたが、基本的にウェブで自分で取るのと変わりありませんでした。実際この次からはすべて自分で手配をするようになって、フライト代などでかなり安く選ぶことができるようになりました。

旅程は以下のようになります。

  • 1日目 Rome / Civitavecchia (チビタベッキア、イタリア)
  • 2日目 Messina / SIcily (シチリア、イタリア)
  • 3日目 一日航海
  • 4日目 Athens (アテネ、ギリシャ)
  • 5日目 Kusadasi (クサダシ、トルコ)
  • 6日目 Chania (ハニア、クレタ島、ギリシャ)
  • 7日目 一日航海
  • 8日目 Rome / Civitavecchia (チビタベッキア、イタリア)

行ったのは8月です。だいたいクルーズは夏がシーズンで、6月~9月くらいが最盛期です。予約は早くて1年前でも取れますが、休みのスケジュールに余裕があるならギリギリに取れると残った空室を安値で放出していたりもします。

P1080478.JPGロンドンからローマへの移動はAlitaliaでした

部屋と料金

今回予約した部屋はなんとジュニアスイートです。最初に書いた「部屋は安くして船内で遊ぶ」の逆を行ってしまいました。

理由はまず第一に、バスタブがあるのがジュニアスイート以上の部屋のみであること(それ以外はシャワーのみ)。子供がまだ1歳になったばかりで小さかったので、お風呂に入れるのにバスタブがないと辛いだろうという判断です。

次に、初めてで勝手が分からないことです。とりあえず安全側に倒しておけば大丈夫だろうという日和見判断をしました。

そして、やはり子供が小さいので部屋にいる時間が長いだろうということです。実際そうで、長時間いるのに広い部屋でバルコニーもあるのは悪くない選択でした。

料金ですが、一週間のクルーズに親子3名でおよそ$4,600。ロイヤルカリビアンはアメリカの会社のせいかドル決算になりました。この料金に船での移動費、宿泊、食事が含まれます。

このほかにロンドンからローマまでのフライト代や船内での飲み物代、各寄港地でのオプショナルツアー代などがかかります。

どんな部屋?

かなりのコストを掛けてしまいましたが、その部屋の中はどんな感じでしょうか。

CIMG8741.JPG部屋の様子

なんか寝てますが...。かなり広いです。奥にソファがありますが、そちらが2台目のベッドになって最大4名が泊まることができます。

CIMG8744.JPG入り口側を望む

大型の鏡と各種収納があります。

TVの下には冷蔵庫が入っていますが、これはいわゆるコンプレッサー式の冷蔵庫ではありません。私の経験では、クルーズ船に積まれている冷蔵庫は常にペルチェ式と思われる簡易的な冷蔵庫だったので、急速に冷やすには適していませんが、飲み物くらいなら一晩入れておけば十分冷えます。

左側の扉はウォークインクローゼットです。

CIMG8745.JPGウォークインクローゼット

中には追加の寝具や救命胴衣が入っています。かなり広く、一週間分の着替えとスーツケースを十分入れることができます。

CIMG8742.JPGバスルーム

バスルームにはシンク、トイレがあります。

CIMG8743.JPGバスタブ

バスタブもあります。この船が常にそうなのか不明ですが、バスタブに入れるお湯が黄色くにごっていたのがイマイチでした。

P1080496.JPGバルコニー

バルコニーにはデッキチェアがあります。

P1080497.JPGデッキチェアとテーブル

バルコニーの柵が透明なので、背の低い子供でも海が見えるのはよく配慮されていると思いました。

さて、この環境で一週間クルーズへの出発です。続きます。

部屋編 船内編 乗船編 シチリア SeaDay アテネ トルコ クレタ島 SeaDay2 ローマ

こちらもよく読まれています