Artwork完成?

ExpressPCBでのアートワーク、一応ほぼ完成しました。 片面基板用に頑張りましたが、ジャンパを20本ほど飛ばす必要があります。 それでもユニバーサル基板に配線することを考えたら気が遠くなりそうなので、パソコンでデザインできるのは助かります。

20090616-SD.png

結局、「PCBのデザインにあわせて回路を変える」ということを結構しましたが、なんとか形になったかな?

ジャンパ部分は反対面に描いてあるので、ほぼこのままExpressPCBで注文することも可能ではあります。 でも今回は自分で焼きます。 ちなみに、ツール上からの見積もりでは、価格は2枚で120ドル、10枚で200ドル強といったところでした。

今日さっそく焼いてみようと思ったのですが、プリンタに印刷できる透明シートがないことが判明。 クリアファイルで試してみましたが、いまうちにあるインクジェットプリンタではまったくインクが乗らないため、今日のところは諦めました。

せっかく今日はMaplinに行ってinfraredの温度計と、ついでにデジタルノギスを買ってきたのに。

なんとか今週中に1枚作って、うまくいったら来週の日本出張時に生基板を補充したいものです。

ちなみに、以下が今日買ってきた温度計(Thermometer)とノギス(Callipers)です。 どちらも電池式のデジタル。 温度計はこんなにいいものは不要だったのですが、これしかなかったのです。

Thermometer.JPG Callipers.jpg

価格は、温度計が29.99ポンド、ノギスが9.99ポンドでした。 温度計の電源はは006Pで、買うときに「これは電池が必要だけどいる? buy one get one freeだよ。つける?」と言われたので「いいよ」と言って買ったのですが、本体には最初から電池が入ってました...。 ノギスはLR44なのですが、最初から入っている上にスペアも同梱されてました。


え~ん、回路にバグ(未結線)が見つかって、ジャンパを足さなければならなくなりました。 これでジャンパはおよそ30本になります。 それ自体はいいのですが、まだ何かあるのかと思うと心配なのと、パッドを追加したことで焼付け時のショートの可能性が増したのが心配です...。